カラートリートメントがお風呂場のタイルにしみこんだ!!

カラートリートメント とれない

カラートリートメントがお風呂場のタイルにしみこんだ!!

「はあ~。やってしまった。」

通りいっぺんの掃除しかしていなかったツケがまわってきてしまいました…。

毛染め しみ

衝撃の風呂場タイルにしみ込んだカラートリートメント…。

正確には、資生堂プリオールのカラートリートメントです。

しかも、何日前からこうなってしまったのか不明。

カラートリートメントながらも、確かな毛染め効果があることはよくわかったのですが、とれない!!!

カラートリートメント

今回の原因となってしまったプリオール。プリオールが悪いのではないのです。あくまで、私の保管、管理が悪かったのです。しかし、今回のことで、カラートリートメントながら、なかなかの染色力だということがわかりました。

いやいや、感心している場合ではない。なんとか、とらなくては。

とりあえず、試してみたこと

★ カビキラーを振りかけて放置。

スプレー後、30分程度放置。そして、洗い流してみました。

→あまり、変わらず。

やはり、だいぶ、放置(推定1か月程度)していたことが原因らしく、なかなか、とれない。

★ 毛染め剤のリペア液を塗ってみた。

白髪染めのものですが、肌などについてしまった場合のリペア液があったので、塗ってみました。

→あまり、変わらず。

やはり、だいぶ、放置(推定1か月程度)していたことが原因らしく、なかなか、とれない。

★ メラミンスポンジでこすってみた。

おそうじの心強い味方、メラミンスポンジをつかってみたものの、スポンジに色がつくわけでもない。

→あまり、変わらず。

やはり、だいぶ、放置(推定1か月程度)していたことが原因らしく、なかなか、とれない。

★ 重曹をふりかけて、歯ブラシでこすってみた。

30分くらいは、シミと向き合ってこすってみました。

→あまり、変わらず。

やはり、だいぶ、放置(推定1か月程度)していたことが原因らしく、なかなか、とれない。

毛染め とれない

「あー、ダメだ。(絶望)」

そうだよね…。わたしが悪いのです。

「もうこれは、自然に色が退化するのを待つしかない…。」と、その日はあきらめて寝ました。

うぅ~。でも、やはりあきらめたくない!

翌日、やはり、なんとかならないか、もう一度チャレンジしてみることにしました。

白髪染め 検索

ヘアカラー剤が浴室についてしまったときの対処法をしらべてみると、

 

ヘアカラーが手や顔などの皮ふ、衣服、床、じゅうたん、壁、洗面台、浴槽などについたとき、どうすれば汚れが落ちますか?

<手や顔などの皮ふについた場合>

ヘアカラー(酸化染毛剤)やカラーリンス・ヘアマニキュア(半永久染毛料)で皮膚が染まってしまっても、ごく表面部分ですので、入浴やシャワー時の洗髪数回で、ほとんど取れてしまいます。無理にこすって落とすと皮ふを傷めることがありますので、ご注意ください。

ヘアカラーが付着しているのに気づいたら、強くこすらないようにして、すぐに石けんでやさしく洗ってください。手や顔などが着色して時間がたってしまうと、落としにくくなります。耳や髪の生え際など、すぐに洗えない部分にヘアカラーがついた時は、水でしめらせたコットンなどですぐにふきとってください。

<床、じゅうたん、壁、洗面台、浴槽などについた場合>

床、じゅうたん、壁、洗面台、浴槽などの場合、多くの材質が着色し、落とせなくなりますので、十分注意してください。

もしついてしまった場合には、素早く拭き取り、石けん等で洗い流してください。時間が経過すると着色は落とせなくなります。また、材質によってはすぐに拭き取っても落とせないことがあります。

<衣服についてしまった場合>
ヘアカラーが衣服に付着すると、落とせなくなります。まずは、すぐに拭き取り、汚れた衣服だけを洗濯してください。それでも、ヘアカラーの場合は、落ちない場合がほとんどです。また、クリーニングの専門店に依頼しても、色を落とすことは極めて難しいようです。

(ヘアマニキュアやカラーリンスの場合は、かなりの程度は落とせます)

<ヘアカラーをする前の準備>

壁や床、洗面台への飛び散りにも注意が必要です。ご使用の際には説明書の毛染め前の留意点に記載しているとおり、部屋や洗面所では床に新聞紙を敷くなどし、ヘアカラーの飛び散る範囲をおおって染毛されることをおすすめします。また、汚れてもかまわない衣類に、さらに汚れてもかまわないケープやタオルを重ねてご利用ください。

(資生堂 ワタシプラスサービスお客様サポートより)

 

えっ、無理なの?いや、まだあきらめず、調べてみました。

ヘアカラー剤が浴室や洗面台についてしまった。

A  ヘアカラー剤は、付着したらすぐに洗い流すか、ふきとってください。時間が経過すると非常に落としにくくなります。

下記の方法で汚れを薄くできることもありますが、素材によっては変色や傷をつける可能性がありますので、試す前にまず、浴槽・洗面台等の製造メーカーに確認されることをおすすめします。

対処方法

■浴槽に付着した場合

•白 :塩素系漂白剤をコットンに含ませて、30~40分貼り付けておく。 その後は水で洗い流してください。
•色物:塩素系漂白剤を使用方法にもとづいて水で薄め、コットンやキッチンペーパーなどに含ませて、30~40分貼り付けてください。 その後は水で洗い流してください。ただし、変色や変質が考えられますので、事前に目立たない場所でテストしてください。

■洗面台に付着した場合
1.表面が硬くて水が浸透しない、凹凸がないツルツルした材質(ホーロー、プラスチック、FRPなど)
細かな傷がつく可能性はありますが、メラミンフォームのスポンジを使う方法があります。ただし、曇り止めなど表面加工のある鏡は、加工にこすり傷が残り、鏡として使えなくなるので絶対に使用しないでください。
2.凹凸はあるものの水が浸透しない材質
塩素系漂白剤を使用方法にもとづいて水で薄め、コットンやキッチンペーパーなどに含ませて、1時間ほど貼り付けてください。その後は水で洗い流してください。ただし、変色や変質が考えられますので、事前に目立たない場所でテストしてください。

予防方法

ヘアカラー剤を使用する時は、液が付着しないように、周辺のものに覆いをする、床に新聞紙を敷くなど充分ご注意ください。

また、染毛後に髪を洗い流す時、液がついた手袋でシャワーヘッドなどをつかんで汚すこともありますので、その前に手袋についた液も洗い流しておきましょう。

(マンダム お客様サポート トラブル対処法のQ&Aより)

まさに、時間が経ってしまい、落としにくくなっている状態。

そういえば、カビキラーを使ったものの、キッチンタオルとかで湿布はしてなかった。やってみよう!!

毛染めのシミとのたたかいが再び始まる。

毛染め しみ

今、この状態になっているシミ。↑

 

カビキラー

よし、やってみよう!家にあった塩素系漂白剤カビキラーの登場です。

カビキラー スプレー

まずは、濡れていると、薬液が薄まってしまうので、床をぞうきんで拭いて、シミにめがけてスプレー。

湿布

キッチンタオルなどで湿布となっていたのですが、近くにあった、もらいもののお使い捨ておしぼりで代用。要は、湿布しないと、薬剤が揮発して効果が落ちるので、揮発するのを防げればOK.

30分後

塗布後、30分の様子です。少し薄くなったかも。

1時間後。少し、中の茶色の部分が小さくなった様子。

1時間半後。正直、あまり変わらない。頭打ち?もう少し、がんばってみます。

2時間後。やはり、限界か。ここから、1時間ごとに様子をみます。

3時間後。ちょっと、うすくなったような…。

4時間後。濃い茶色部分がうすくなったような…。

5時間後。さっきとそうも変わらないような…。

6時間後。もういいよね…。こんなもんだよ。

ちなみに、最初の状態がコチラ。↓

毛染め しみ

だって、最初のこれと比べたら、相当落ちましたよ!!!

すごいよ、よくやったよ。カビキラーと私!

うん。遠目でみたら、許容範囲だと、自分で自分に言い聞かせ、今回の毛染めのシミとの闘いは終わったのでした。

今回の教訓、反省

★そもそも、ヘアトリートメントを毎日使っていれば、こんなことになる前に気づくことができた。

→使うなら、こまめに使う。収納場所ももうすこし目につくところにする。

★ヘアトリートメントをかごに入れる際に、キャップを下向きにしており、中の薬液がキャップから漏れてしまった。

→できたら、保管はキャップを上向きにした方がよいかもしれない。

★こどものおもちゃ、トリートメントのかごをあまり出し入れしていなかった。

→カビ対策もあるので、もうすこしこまめにチェック、洗うようにする。

★最低限の掃除しかしていなかった。

→最低限の掃除にも限界がある。カビ対策もあるので、浴室全体を定期的に掃除できるようにする。無理は続かないので、最低限の掃除にプラスワンで、どこか1か所ずつでも掃除をする。

★時間が経過すると、ほんとに落ちない。

→なるべく、早めに汚れを発見できるように、お風呂に入るたびに全体をよく見渡すようにする。

早めの発見なら、ほんと、こんな苦労はないと思います。(泣)

カラートリートメントのシミをとるためには、塩素系漂白剤をスプレーするだけでなく、床の水分をとってからスプレーして、揮発しないようにキッチンタオルなどで湿布をすることがポイントですね。

床の材質によっては、床の材質を傷めてしまう可能性もあるので、目立たないところで試してみたほうがよいでしょう。

もし、私と同じような状態であれば、上記の方法でかなり改善できましたので、よかったら参考にしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

薬局薬剤師として、処方箋調剤を中心に市販薬、健康食品などの販売をしてきました。何か、患者さんに、薬剤師として還元したいという気持ちから、研修認定薬剤師、漢方薬、生薬認定薬剤師、メディカルアロマインストラクター、ハンドセラピストなどの資格も取得しましたが、処方箋調剤では、とにかく、早く薬を用意すればいいんだという空気に耐えるしかないことも多く、あまり、それらを生かしきれていないと感じていました。(*_*) これまで、デイサービスで小さなセミナーをさせていただくなど、地味に還元させていただく活動はしてきましたが、それでは、限界があると思いました。いままで、患者さんから受けたご質問などをふりかえって、薬剤師として得た知識を、すこしでも多くの人に還元できたらいいなと考えています。