眠れない人のための市販薬について。

自律神経のバランスが崩れているのか、なかなかねむれない…。(*_*;

眠れない症状としては、大きく4つに分けられます。

①なかなか寝付けない。眠るまでに1時間くらいはかかってしまう。

②夜中に目が覚めて眠れなかったり、何度も起きてしまう。

③明け方に目が覚めてしまって、それから眠れない。

④熟睡ができない。

眠れない原因として考えられるものとしては、

①昼夜逆転などの生活リズムの乱れ。

②寝室が暑い、明るい、うるさいなど。

③カフェインやアルコールの取りすぎ。もしくは、たばこ。

④ストレスや不安。

⑤持病によるもの。アトピー性皮膚炎などのアレルギーのかゆみ。咳。前立腺肥大などによる夜間の尿意。骨折やがんの痛み。糖尿病、うつ病など。さらに、持病のために服用しているお薬の副作用が原因となる場合も。

まずは、寝具や寝室の照明が適切か、温度湿度などに問題がないか、睡眠の環境を整えること、そして、カフェイン、飲酒、喫煙をひかえること、パソコン、テレビを極力見ないようにするなど、生活習慣を見直すことが大切です。
足先などが冷えたり、血行が悪くて、なかなか寝付けない場合は、入浴剤をつかってみてもよいでしょう。眠気を誘発させるためには、38度程度のぬるめのお湯に15分ほどつかって、深部の体温をあげておくとよいそうですよ。

クナイプ グーテナハト バスソルト ホップ&バレリアン 850g 1個 (入浴剤 バスソルト)

バスクリン きき湯 食塩炭酸湯 薬用入浴剤 (360g) 入浴剤 発泡入浴剤 炭酸[医薬部外品]

 

睡眠環境ですが、自分にあわないまくらを使っていると、なかなか眠ることが出来なかったり、眠ることができても首が痛くなったり、肩こりすることもありますよね。寝具を見直してみるのも、一つの方法です。

問題解決型の寝具販売 – もねむぅ

ですが、それらで、すぐに改善すればよいのですが、なかなかうまくいかない場合、眠れないことで日常生活に支障が出てしまう場合には、市販薬を利用してみてもよいかもしれません。ただし、市販薬で対応できる対象としては、一過性の症状を想定しており、寝つきが悪い、寝付けないといった入眠障害の方です。

1週間程度服用をしてみても改善しないようであれば、うつ病、むずむず足症候群、肥満に伴う睡眠時無呼吸症候群などの基礎疾患がある場合もあるので、必ず病院を受診するようにしましょう。
特に高血圧の方は、不眠により、高血圧の症状が悪化する場合があります。不眠だけでなくて、だるさや疲れの症状がある場合は、甲状腺機能の異常が原因となっているケースもありますので、注意が必要です。

市販薬では、医療用でつかわれるベンゾジアゼピン系睡眠薬は承認されていません。

抗ヒスタミン成分、催眠鎮静成分、生薬・漢方薬が中心となります。

①抗ヒスタミン成分

ジフェンヒドラミン塩酸塩という成分が含まれます。有名なのは、ドリエルですね。

もともと、抗ヒスタミン薬は、鼻炎の薬として使われているものですが、副作用として、眠気があります。その副作用の眠気を逆に利用することで、睡眠薬として用います。

視床下部後葉の興奮性ニューロンから放出されたヒスタミンは、大脳皮質や神経細胞を興奮させて覚醒を維持したり、調節します。

ジフェンヒドラミンはそれを抑制するため、催眠鎮静作用を発揮します。

血中濃度半減期から考えると、約9時間ほど効果が持続します。

抗コリン作用をもつ薬のため、前立腺肥大、緑内障の方は使用ができません。

新生児への口唇裂、口蓋裂の頻度増加の報告があり、妊娠中の服用は避けましょう。乳汁中にも移行するため、授乳中も服用を避けます。

【第2類医薬品】【エスエス製薬】ドリエル 6錠【睡眠改善薬】

【第(2)類医薬品】【ゆうメール便!送料80円】エスエス製薬 ドリエルEX 6カプセル(睡眠改善薬 催眠鎮静剤 不眠)

ドリエルEXは、リラックス効果が期待できるラベンダーの香料も配合されています。
ソフトカプセル剤なので、素早く溶けて効果を発揮。

 

【第(2)類医薬品】アンミナイト(30mL*3本入) 

ドリンクタイプ。アセロラ風味。甘味料にdソルビトールを使っているので、虫歯になりにくく、カロリーも2kcalなので、寝る前に服用しやすいですね。(^-^)

 

②催眠、鎮静成分の配合成分

ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素があります。
ブロムワレリル尿素は、穏やかな催眠作用があり、20~30分程度の時間で作用して、効果は3~4時間持続します。しかし、耐性ができたり、依存性が生じる可能性もあるため、2週間を超えて継続して服用したり、過量に服用しないようにしましょう。
アリルイソプロピルアセチル尿素は、緊張や興奮、いらいらをおさえる鎮静成分です。痛みの感覚を抑えたり、痛みに伴う不安や不快感を和らげます。解熱鎮痛薬に配合されることもあります。

【ゆうパケット送料込み】【第(2)類医薬品】ウット 12錠

ジフェンヒドラミン塩酸塩、ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素も配合。
効能効果に不眠とは書かれていないのですが、不眠の原因が、いらいらしたり、興奮して眠れない場合は適しています。

③生薬配合成分

生薬の代表的な成分としては、サンソウニン、カノコソウ、パッシフローラ、ホップ、ニンジン、チモ、ブクリョウなどがあります。

サンソウニンは鎮静作用があります。身も心も疲れてしまったために寝付けないとか、不安でなかなか眠れないといった入眠障害に適しています。チモと併用すると、脳の興奮を抑える作用があります。

カノコソウは、睡眠促進、鎮静のほかに、炎症をおさえたり、自律神経の働きを整える作用や、からだをリラックスさせる効果があります。

パッシフローラは、チャボトケイソウという植物の茎や葉から抽出されたもので、鎮静するまでの時間を短縮する効果を持っています。

ホップには、鎮静作用、そして利尿作用、健胃作用もあります。

ニンジンは、ストレスに対する負けないようにしたり、元気を出す作用だけでなく、興奮をおさめたり、精神を安定させる作用があります。

ブクリョウは、緊張を緩和して、心悸亢進などに効果があります。

生薬配合の市販薬には、つぎのようなものがあります。

【第2類医薬品】【メール便対応!送料無料!】ホスロール S 28包【救心製薬】※代金引換・NP後払い不可【P25Jan15】

 

④漢方薬

漢方薬は、体のリズムを回復させて、体質を改善することを目的に使われます。

寝つきの悪い場合は、酸棗仁湯、黄連解毒湯、三黄瀉心湯、抑肝散加芍薬黄連が向いています。
特に黄連解毒湯は、比較的体力があって、のぼせぎみ、顔色は赤い、イライラして眠れない方の不眠症に向いています。

早朝に目が覚めてしまったり、途中でなんども起きてしまう方には、加味逍遥散、釣藤鈎がおすすめの漢方薬となります。加味逍遥散は、体力がない人、または体力は中程度の人で、月経不順や女性の冷え性、動悸の症状によく使わますが、不眠症にも使われます。

加味帰脾湯は、ぐっすり眠ることができない方で、心も体もつかれていて、血色の悪い場合におすすめとなります。

柴胡加竜骨牡蛎湯は、体力はあって、更年期に伴う神経症やイライラが見られる方に適しています。

【第2類医薬品】レスフィーナ細粒「分包」 18包

1歳から服用可能な抑肝散加芍薬黄連の水製乾燥エキス。神経が高ぶり、気持ちがふせいでいて、不眠の場合に使います。小児の夜泣きにも向いていますが、飲ませるには、服薬ゼリーを利用したほうがよいでしょう。

 

龍角散 おくすり飲めたね チアパック いちご味 200g

龍角散 おくすり飲めたね チアパック ぶどう味 200g

 

【第2類医薬品】【送料無料】【全薬工業】アロパノール 147錠※お取り寄せになる場合もございます【RCP】

7種類の生薬を配合。配合生薬のチョウトウコウ、サイコ、カンゾウには、鎮静、鎮痙作用があります。また、チョウトウコウには、鎮痛、消化管運動促進作用、血管拡張作用もあります。サイコも、肝機能の調節作用を持っています。カンゾウは、生薬全体の調和を保つ働きがあるため、漢方薬にはよく配合されている生薬ですね。そして、トウキ、センキュウ、ブクリョウ、ビャクジュツにもそれぞれ鎮静作用があります。そして、強壮作用、胃腸運動亢進、新規亢進、胃腸虚弱改善作用ももっています。5歳以上から服用が可能です。

 

和漢箋 ロート ユクリズム 加味帰脾湯 168錠 【第2類医薬品】

ぐっすり熟睡できない方に。

【第2類医薬品】【ポスト便】ロート柴胡加竜骨牡蛎湯(84錠)

不眠、更年期のイライラの症状がみられる場合に。

できるだけ、お薬を使わずに眠ることができるのが一番望ましいのですが、なんとか、眠らないといけないという思いが強くなるばかりで、疲れてしまっては、なかなか気持ちも休まりません。一時的な不眠であれば、上手に市販薬を利用して、日常生活を快適に送るようにできればいいのではないでしょうか?

市販の睡眠薬についての選び方

2018年12月23日

 

 

日本最大級ショッピングサイト!お買い物なら楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

薬局薬剤師として、処方箋調剤を中心に市販薬、健康食品などの販売をしてきました。何か、患者さんに、薬剤師として還元したいという気持ちから、研修認定薬剤師、漢方薬、生薬認定薬剤師、メディカルアロマインストラクター、ハンドセラピストなどの資格も取得しましたが、処方箋調剤では、とにかく、早く薬を用意すればいいんだという空気に耐えるしかないことも多く、あまり、それらを生かしきれていないと感じていました。(*_*) これまで、デイサービスで小さなセミナーをさせていただくなど、地味に還元させていただく活動はしてきましたが、それでは、限界があると思いました。いままで、患者さんから受けたご質問などをふりかえって、薬剤師として得た知識を、すこしでも多くの人に還元できたらいいなと考えています。