小学生の自由研究に!水とジュースに炭酸水素ナトリウムをいれてみよう!

ラピス
小学生の夏休みといえば、自由研究。薬局でも、夏休みといえば、小学生の薬剤師体験会が恒例になっているわ。
ガーネット
ふーん。でも、どんなことするの?
ラピス
薬剤師の仕事を体験するのがメインだけど、自由研究のテーマにも使える実験をやったりするの。重曹をジュースに溶かしてみるとか。
セレナ
自由研究って、何をしたらよいのか、毎年、悩むところだから、ありがたいかも。家庭でも安全にできるような、それでいて、手間のあまりかからない(笑)ものが、親としては、正直ありがたいよね。
ラピス
確かにね。重曹も、ジュースも簡単に手に入るので、これはおすすめ。ぜひ、お家でもやってみて。
炭酸水素ナトリウムとは
炭酸水素ナトリウムは重曹とも呼ばれています。
お料理やお掃除に利用することもありますが、胃の薬にも使われています。
薬局では、お薬を分包する分包機を掃除する場合にも使います。

炭酸水素ナトリウムの胃薬を水で飲んだ場合と、ジュースで飲んだ場合ではどうなるでしょうか?
早速、実験してみましょう!

準備するもの(1人あたり)
① 透明なコップ    2個
② オレンジジュース  40mL
③ 水         40mL
④ 炭酸水素ナトリウム 1ℊ包を2包
⑤ マドラー      2本

最初に水の入ったコップに、炭酸水素ナトリウムをいれてみます。
薬包紙を開いて、炭酸水素ナトリウムを入れてみましょう。
お薬をこぼさないように、薬包紙は三角に折るとやりやすいです。
いれることができたら、マドラーで混ぜましょう。

どうなりましたか?
うまく溶けましたね。

次に、オレンジジュースの入ったコップに、炭酸水素ナトリウムをいれてみます。
同じように、炭酸水素ナトリウムをいれてみましょう。
いれたら、マドラーで混ぜましょう。

どうなりましたか?
そう、ジュースを入れたほうは、ぶくぶく、泡がでてきましたね。

ガーネット
結構、反応が分かりやすいから、こども喜びそう!!
ラピス
そうでしょ?体験会でも人気の実験なの。ヤクルトなどの乳酸菌飲料を使ってもいいの。おもしろいよね。

水に炭酸水素ナトリウムを入れたときには、なにも起こりませんでしたが、ジュースにいれたときには泡がでてきてしまいました。
この泡は、炭酸水の泡と同じものです。

水ではなく、ジュースでお薬を飲んでしまった場合、お薬によっては、このように、体の中に入った時のお薬の状態が変わってしまう場合があります。

炭酸水素ナトリウムは、胃酸が出過ぎたために、胃が痛くなる症状が出ている場合に使います。たくさん出過ぎてしまった胃酸と炭酸水素ナトリウムが、中和という反応を起こすことで、胃酸が出過ぎた状態を改善するので、お薬の効果が出るのです。それなのに、胃酸と反応する前に、ジュースの中のクエン酸と反応してしまったら、お薬の効果が落ちてしまいます。

基本的には、お薬は、ジュースなどではなくて、お水やぬるま湯でのむようにしましょうね。どうしても、お薬が飲むのが大変な場合は、ジュースと混ぜてよいかどうか、薬剤師さんに確認するようにしましょう。

ラピス
この実験の目的としては、おくすりを水、ぬるま湯以外で飲んだ場合、お薬の効き目に影響がある場合があるということを理解することなので、こどもたちには、それが、わかってもらえるように、フォローしてね。
ガーネット
わかった。これなら、わたしもこどもと一緒にできるわ。ありがとう。

今回はジュースの中のクエン酸と炭酸水素ナトリウムが反応して、二酸化炭素が発生して、泡がでてきました。お酢に含まれる酢酸と炭酸水素ナトリウムを混ぜても、二酸化炭素が発生して泡が出てきます。

ご自宅で実験されている方のブログがあったので、紹介しますね。

酢と重曹を使った楽しい理科の実験
http://zaxxk.matrix.jp/post-4214/ 

クエン酸とは

クエン酸

クエン酸は「酸っぱい」と感じる酸味の成分。
梅干しやレモン、オレンジなど柑橘系の果物や、お酢にも含まれています。

白色、または無色で水に溶けやすく熱にも強いため、清涼飲料水やお菓子、ジャムなど味を良くするための酸味料としても幅広く使用されているものです。

体内にもクエン酸がある。

クエン酸は、クエン酸回路という、体のなかでエネルギーを生み出す代謝経路に関わる物質の1つです。エネルギーを生み出すにはクエン酸が必要なんですね。

クエン酸の効果

クエン酸には、美容や健康、生活に至るまでさまざまな効果が期待されています。

ミネラルの吸収をサポート

体の組織や機能を調整しているミネラルは、体にとって必要なのですが、非常に吸収しにくいです。特にカルシウム・鉄・亜鉛などは日本人に不足しがちともいわれています。クエン酸は、キレート剤として働き、これらのミネラルの腸からの吸収を高めます。

※キレートとは?…キレートということばは、カニのはさみに語源があるといわれています。二つ以上の配位原子が、金属イオンを挟むように配位してできた環構造をもつ化合物のことです。

熱中症予防に

熱中症

熱中症は、高温環境下で体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体内の調整機能がうまく働かなくなるために発症します。めまいや立ちくらみ、頭痛、嘔吐などの症状が出たら要注意。
熱中症による脱水症状を改善するには水分だけでなく、ナトリウムなどのミネラルの摂取が大切。クエン酸はミネラルの吸収をサポートする働きも期待できるので、水分補給をする時に、クエン酸が含まれているものを使用すると、熱中症対策に有効だと考えられます。
また、熱中症は室内でなにもしていないときでも発症することがあります。家の中だからと油断せず、こまめな水分補給を心がけましょう。
クエン酸は一度にたくさん摂っても時間が経過するとともに体外に排出されてしまうため、一日何回かに分けて摂ること、毎日続けて摂ることをおすすめします。

食中毒予防に

気温の高い夏は食品が傷みやすい季節ですね。
クエン酸には殺菌効果があり、細菌の増殖を抑えて食べ物の腐敗を防ぐ効果があるので、梅干しをご飯の全体にまぶすように入れたり、お肉を梅肉ソースで和えたりするなど料理に取り入れてみるのもよいですね。
またお酢にもクエン酸が含まれているので、ご飯を炊く際にお米2合に約大さじ1程度入れたり、煮物や炒め物など熱を通す料理に小さじ1程度使用するなど、料理の味を変えてしまわない程度にお酢を使用するのもおすすめですよ。

お掃除にも

クエン酸はお掃除にも役立ちます。
気になる場所の一つに水回りがありますが、水道の蛇口やお風呂の鏡、湯沸かしポットなどの白いくもりなどの汚れにはクエン酸をつかうといいです。

白い汚れの原因は水道水に含まれるカルシウム。クエン酸はカルシウムと結合するので、汚れている部分をクエン酸液で軽く磨いたり、クエン酸を入れてお湯を沸かしたりすることで汚れを落とすことができます。

クエン酸液で磨くときに、スポンジだと、スポンジに吸収されてしまうので、くしゃくしゃにしたラップをスポンジがわりにして使うといいですよ。

クエン酸の粉を水に溶かすだけで簡単にお掃除に役立ちますし、最近ではスーパーやホームセンターでクエン酸洗剤も売られています。
ぜひ、試してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

薬局薬剤師として、処方箋調剤を中心に市販薬、健康食品などの販売をしてきました。何か、患者さんに、薬剤師として還元したいという気持ちから、研修認定薬剤師、漢方薬、生薬認定薬剤師、メディカルアロマインストラクター、ハンドセラピストなどの資格も取得しましたが、処方箋調剤では、とにかく、早く薬を用意すればいいんだという空気に耐えるしかないことも多く、あまり、それらを生かしきれていないと感じていました。(*_*) これまで、デイサービスで小さなセミナーをさせていただくなど、地味に還元させていただく活動はしてきましたが、それでは、限界があると思いました。いままで、患者さんから受けたご質問などをふりかえって、薬剤師として得た知識を、すこしでも多くの人に還元できたらいいなと考えています。