「くすりやさんの手帳」について

調剤薬局では、どうしても、早く薬を用意することが優先されることが多いです。薬局に来られるまでに、体調も良くない中、病院でもかなりの待ち時間を過ごし、やっとのことで診察を受けてから、処方箋を持って薬局に来られたのに、さらに、そこで、待たされるという状況にあるのですから、無理もないことでしょう。

ただ、薬局で、薬剤師が処方箋、薬歴、お薬手帳の確認をすること、患者様と直接お話させていただくことによって、お薬の飲み合わせや、重複、そして、先生とのお話とは違った処方内容であったことに気づき、処方内容が変更となり、患者様の不利益を防ぐということも、少なからずあります。しかしながら、なかなか、患者様にそういったことを理解していただくことが難しい現状の中、薬局薬剤師として勤務していて、どうしたら、薬剤師として患者様に還元できるのだろうとずっと考えてきました。

今まで、振り返ってみて、薬剤師に聞いてくださる患者様の心境として、「お医者さんに聞くほどではないけど、心配。」「お医者さんに聞いたら、なんか、機嫌を損ねてしまうかも知れないので、言いづらい。」ということがあるような気がします。おくすりやさんは、お医者さんより聞きやすいというのが大切なんだと思います。調剤薬局の薬剤師は、処方箋調剤を行うというのがメインになりがちなのですが、本来は、病院に行くほどではないが、薬が必要な時の手助け、もしくは、病気に至らないように予防するための手助けをするということに力を注ぐべきではないかと考えています。

デイサービスなどで小さなセミナーをさせていただくこともありましたが、薬局の中では限られた方々にしか、お伝えすることができません。今まで、私が患者さんからお受けした質問の内容や、受けてきた研修で得た知識などを文字に起こしてみることで、これから、初めて薬局で勤務しようとされている新人の方や、同じようなケースで疑問に思われている方に、私の薬剤師としての経験を役立てることができるのではないかと思いました。お薬や健康食品、サプリメントを服用される時、薬局を利用される時、薬剤師を利用される時(笑)、私の記事が、すこしでもお役に立てるならうれしく思います。